女性の産後の悩み 抜け毛と薄毛の対策を解決しよう!

産後の抜け毛を優しく解決




⇒ もう悩まないで!産後ママに優しい育毛剤はこれ!


どうして誰も教えてくれなかったの?

早く知っておけば良かった・・・。

損をする前に知っておくべきことがあります。


⇒ 産後、つらくなったママの心に効く!【良書10選】

女性の産後の悩み 抜け毛と薄毛の対策を解決しよう!

産後,抜け毛,対策

 

出産後、2〜3ヶ月した頃からとても大量に髪の毛が

 

抜け落ちるという現象が現れました。

 

髪の毛を洗う際は、病気になったのではないかと思う位、

 

大量の髪の毛が抜け落ち、くしで髪の毛をとく時も大量に髪の毛が抜けました。

 

産後の抜け毛には本当に参いりました!

 

その量は周囲も驚く程で、

 

「このまま髪の毛が抜け続けてハゲになってしまったらどうしよう…」と

 

常に不安を抱えていました。

 

その為、抜け毛を予防すべく、シャンプーを抜け毛予防の物に変えたり、

 

抜け毛防止に良いとされる食材を積極的に摂るようにしました。

 

又、育毛剤を毎日使って、抜け落ちた髪を取り戻すよう努力しました。

 

このような悩みをもつ産後のママは多くなっています。

 

産後に抜け毛で悩む女性は実はとても多いのです。

 

妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になりますが、

 

実はこのホルモンには栄養や水分を体内にため込む働きがあります。

 

この影響によって毛髪の成長が促進され、

 

さらに髪の寿命も延びるので本来なら髪の毛は増えます。

 

ところが、髪に必要な栄養素が赤ちゃんに行くので

 

薄くなってしまうことがあるので、産後の抜けがが起こりやすくなります。

 

妊娠中はホルモンの関係で髪の毛の寿命が延びますが、

 

産後のホルモンの減少でその髪の毛たちがごっそりと抜けていきます。

 

また、そうしたホルモンバランスの変化で髪のハリやツヤがなくなったり、

 

毛根が弱くなったり頭皮が乾燥したりで抜け毛が増える人もいます。

 

分娩後脱毛症や産後脱毛症とも呼ばれます。

 

妊産婦の半数で抜け毛の症状が見られるとも言われていて、

 

珍しいものではありません。

 

むしろ、出産後に見られる経過の一つくらいに

 

軽く受け止めた方がよいでしょう。

 

出産直後から2か月くらいから始まり、

 

毛髪がごっそり抜け落ちたり、毛が細くなったりします。

 

入浴時に頭を濯いでいて手にごっそり抜け毛がついてきたり、

 

朝起きたら枕に毛髪の束がくっついていたりすると、

 

薄毛が心配になってきてしまいますが、正常な身体の変化なので、

 

心配することはありません。また、毛髪だけでなく体毛も抜けるため、

 

体毛が薄くなったと感じる女性もいるようです。

 

しかし、このおびただしい抜け毛も、

 

産後半年から1年程で自然に治まってきます。

 

わかっていても、実際に経験するとギョッとしてしまいますが、

 

あまり悩まず、産後の大変な時期を乗り切って下さい。

 

自分の身体に使うものは赤ちゃんの健康も考える必要があります。

 

例え頭皮であっても、体内になんらかの成分を入れる以上は、

 

極力気を遣うに越したことはありません。

 

ホルモンの分泌にダイレクトに作用するようなヘアケア成分は避けて、

 

抜け毛予防という面でゆるやかな効き目のものを選べば無難でしょう。

 

頭皮を清潔に保つと、次に生えてくる髪の毛にとって成長しやすい

 

環境になるので、理想的です。

 

余計な化学物質や添加物などが一切配合されていない良質な製品で、

 

天然の植物性オイルや丁寧に抽出したエキスなどが使われているのが

 

望ましいです。

 

出産後、妊娠中に増加していた女性ホルモンの量は通常まで減り、

 

子宮も急激に収縮するなど女性の体内では

 

元に戻るべく目まぐるしい変化をしています。

 

一時的とはいえ、抜け毛による薄毛が気になる場合、

 

育毛に必要なカルシウムやタンパク質を積極的に摂るという対策があります。

 

高齢出産の場合は

 

特に、抜け毛の自然治癒が遅い傾向があるため、

 

育毛サプリメントによる栄養補給も効果的です。

 

育毛のためには亜鉛という栄養素が必要不可欠となります。

 

亜鉛不足により薄毛になることもありますから、

 

日頃から意識して摂るようにしてください。

 

納豆や海苔、牛のモモ肉などに亜鉛が含まれていますが、

 

さらには鉄分やビタミンE、タンパク質なども髪を守るためには

 

非常に重要な栄養素として挙げられます。

 

また、頭皮を効率よく洗えるシャンプーに替え、

 

育毛剤(ヘアエッセンス)で育毛を補助するというケアもあります。

 

シャンプーは、頭皮をマッサージするイメージで洗い、

 

すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流しましょう。

 

育毛剤(ヘアエッセンス)で毛根に直接栄養成分を与えるのも良いでしょう。

 

栄養たっぷりの食事とバランス 産後の抜け毛・薄毛対策なら食事が有効

 

髪の成分の99%はタンパク質です。

 

約18種類ものアミノ酸が結合して作られた

 

ケラチンというタンパク質です。

 

これが不足すると髪の毛が細くなることがあります。

 

良質なタンパク質を多く含む食べ物には、

 

大豆・豆腐などの大豆製品、枝豆、白身魚、

 

まぐろ、鶏肉、卵、牛乳・チーズなどの乳製品があります。

 

亜鉛も必要です。

 

新陳代謝を高め、育毛・発毛に必要不可欠な栄養素。

 

髪をつくる毛母細胞の細胞分裂や再生を促し、

 

髪の毛を摩擦や刺激から守るキューティクルを

 

作るためにも欠かせません。

 

丈夫な髪の毛を育てるために、なくてはならない栄養素です。

 

納豆、アーモンド、ピーナッツ、ゴマ、海苔、高野豆腐、

 

いわし、牛もも肉、豚レバーなどに多く含まれます。

 

ビタミンC、クエン酸と一緒に摂ると、より効果的です。

 

髪の毛に栄養を運んでくれる鉄分は、

 

不足すると髪の毛がパサつく一因となります。

 

これを防ぐには、ミネラル(鉄分)が必要です。

 

レバー、ほうれん草、ピーマン、芽キャベツ、牛肉、干しえび、まぐろ、

 

干しひじきなどの食べ物に多く含まれています。

 

鉄分の吸収を助ける働きのあるビタミンCと一緒に摂るようにしましょう。

 

ビタミンEも忘れてはいけません。

 

抜け毛の原因となる過酸化脂質の生成を抑え、

 

女性ホルモンの分泌をスムーズします。

 

過酸化脂質が抑制されると毛母細胞への血液の

 

流れがスムーズになり、頭皮の血行促進に繋がります。

 

アーモンド、ごま、オリーブオイル、アボカド、ピーマン、

 

うなぎなどにビタミンEは多く含まれています。

 

 

気持ちいツボ・マッサージ 産後の抜け毛・薄毛に効く!

 

産後の抜け毛対策に効くマッサージも良いとされています。

 

まずオススメは、百会(ひゃくえ)のツボ

 

「百会」は、頭頂部にあるとても重要なツボの名称です。

 

これは、「百」の数ほどの多くの気が出「会」う という意味から来ています。

 

つまり、体中の血液がこの「百会」を通過するという意味です。

 

いかに、人間の体、健康に影響があるかが、

 

この由来から理解できると思います。

 

元々頭痛を和らげるツボとして有名なのですが、

 

頭皮の血行を改善し、自律神経を刺激するため、

 

発毛にも大変良い影響を与えてくれるのです!

 

ちょうど頭の中心にあります。

 

左右の耳の上端を結んだ線の真ん中なので、探しにくいということがありません。

 

指の腹で、5秒間ほど、「イタ気持ちイイ」くらいの強さで押してください。

 

強く押しすぎてもいけませんし、ツメなどを使うと頭皮を

 

傷つけてしまいますので気をつけましょう。

 

力が入りにくいという場合は、指を折り曲げ、

 

関節の部分で押し込んであげてもよいですよ。

 

できれば朝、晩、3回ほど。仕上げに頭全体をマッサージしてあげると、

 

カチカチの頭皮が柔らかくなってきます。

 

現代人は、何かと頭を使う事が多いので、意外と頭皮が疲れています!

 

半身浴などして頭皮からしっかり汗を

 

流してあげる事も大切です。

 

老廃物が流れでて、毛穴もすっきり、健康的になります^^

 

次に、風池(ふうち)です。

 

後頭部にある「風池」は肩や首の血行を

 

劇的に改善してくれるツボです。

 

肩や首のこりも、頭皮の状態に大きな影響を与えます。

 

このツボをしっかり押したり揉んだりしていると、

 

肩や首の血流がスムーズになり、頭部の血液の流れも活性化されます。

 

結果、抜け毛や薄毛の改善につながります。

 

頭痛軽減、視力回復としても有名なツボですので、

 

首の後ろ、髪の生え際あたりにあります。

 

後頭部中央のへこみと、耳のうしろにある骨の

 

”でっぱり”をむすんだライン。

 

その中間あたりに位置しています。

 

頭全体を手のひらで包むようにして、

 

親指をツボにあてがうようにします。

 

指全体をゆすって、軽く振動をあたえるようにすると、

 

力がつたわりやすくなります。

 

もちろん、ジワーッと指圧してもよいでしょう。

 

こちらも痛気持ちよい位の強さで押してください。

 

3回ほど朝、晩に行うのをオススメします。

抜け毛のサイクルを知る 産後の抜け毛は毛髪の形を要チェック

通常、毛髪は正しいヘアサイクル(毛周期)を繰り返し、

 

生え変わります。

 

ヘアサイクルがうまく機能している場合、

 

毛髪は成長期(5年〜7年)、退行期(約2週間)、

 

休止期(約3ヵ月)のいずれかの状態にあり、

 

休止期が終わると自然に抜け落ちます。

 

これは問題ない「良い抜け毛」で、

 

抜けた後は新しい毛髪が生えてきます。

 

ヒトの髪の毛は約10万本あり、

 

休止期の状態にある毛髪は約10%と考えられています。

 

3ヵ月で10万本の10%(つまり1万本)が抜けるということは、

 

1日あたり約110本が自然に抜ける、ということになります。

 

これが「1日100本くらいは抜けても大丈夫」といわれる根拠です。

 

何らかの原因で、ヘアサイクルがうまく機能しなくなると、

 

ヘアサイクルの途中で毛髪が抜けてしまいます。

 

これが心配な「悪い抜け毛」。

 

早めに対処しなければ、薄毛につながります。

 

あなたの抜け毛が、「良い抜け毛」か「悪い抜け毛」かは、

 

抜けた髪をチェックしてみればわかります。

 

ブラッシングやシャンプーの際に抜けた髪の毛や、

 

枕やタオルについた髪の毛を何本か取ってみて、

 

その形状をよく観察してみましょう。

 

良い抜け毛の形とは?

 

良い抜け毛とは、正しいヘアサイクルを

 

経て抜けた毛髪のこと。

 

毛根にある毛球が完全に角化し、白い球状になります。

 

毛根がふっくらとしていて棍棒のような形をしていることから、

 

「棍毛(コンモウ)」と呼ばれます。

 

抜け毛のほとんどが棍毛であれば、

 

自然に抜けた毛髪ですから、問題ありません。

 

 

産後のママ要チェック 抜け毛は1日に何本抜けるものなの?

通常の人の抜け毛は、1日平均50〜100本です。

 

もちろん個人差はありますし、

 

季節などによって髪の毛が抜ける本数は変わりますので、

 

絶対にそう...とは言えないですが、

 

おおよその目安としてまず覚えておいてください。

 

産後のママの場合、これより増えて100〜300本も

 

抜ける人も多いようです。

 

季節は、夏よりも秋に抜け毛が多くなる傾向があります。

 

それは、夏の強い日差し、紫外線で髪が痛むためです。

 

産後ママの抜け毛は、1日に100〜300本くらい

 

にはなるようです。

 

ちなみに、年間では、

 

20000本?35000本抜けているという計算になります。

 

髪の毛全体では約10万本生えていると言われていますので、

 

だいたい3年間くらいで、髪の毛はすべて生え変わると

 

考えられますね。

 

髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期があります。

 

 

 

成長期

 

成長期とは、毛細血管から栄養を取り入れ、

 

毛球部で毛髪が作られている状態です。

 

その期間は2?6年で、通常は髪の全体の90%が、

 

この成長期にあたります。

 

 

退行期

 

退行期は、毛球部での毛母細胞の分裂が

 

急激に衰えてくる時期です。

 

期間はおよそ14日間前後です。

 

 

休止期

 

休止期は毛母細胞の分裂が止まり、

 

毛髪自体が作られなくなります。

 

休止期間はおよそ3ヶ月。

 

そして、また成長期がやってきます。

 

 

このように髪にはサイクルがあって、

 

「休止期」から「成長期」に差し掛かるタイミングで

 

髪が抜けていきます。

 

また、人の毛髪(毛包)は別々に活動しているので、

 

犬や猫のように特定の季節に一斉に抜けることはありません。

 

そして、一生のうちにこの毛周期は、およそ15回繰り返します。

 

 

それで結局1日に何本抜けるかということですが、

 

たとえば髪の毛が10万本ある人の場合、

 

約10%の1万本が「退行期」「休止期」にあたり、

 

「成長期」に移行する3ヶ月の間にこの1万本が脱毛する計算になります。

 

抜け毛の総数だけ見ると青ざめてしまいますが、

 

これを1日で換算すると大体「111本」程度です。

 

なので、

 

「枕に4?5本髪が抜け落ちてた」

 

「整髪料をつけていたら手に10本抜け毛が」

 

なんてことで薄毛の心配をする必要がありません。

 

 

また、整髪料で整えている時は抜けた髪もくっついている状態なので、

 

髪を洗った時にはいつもより抜け毛が多い気もしますし、

 

髪を洗わず翌日に洗うと抜け毛が多く感じるのも、

 

前日に抜けるはずのものが翌日に持ち越したと考えると納得できますよね。

 

それとは違って、それ以上に抜け毛が多いと感じたり、

 

確実に抜け毛が秋でもないのに、200本、300本ある!という人は、

 

原因を知って抜け毛・薄毛の対策を行い、改善していく必要があります。

 

また、1日の抜け毛の多くが、「シャンプーの時間」におこっています。

 

具体的に言うと、20本?50本くらいはシャンプーの時間に

 

抜けていると考えられています。

 

ほとんどが自然な抜け毛なはずですが、

 

あまりに強い刺激でゴシゴシと洗ってしまうと、

 

不必要な抜け毛がおこってしまう可能性もあるので、

 

十分に注意したほうが良いでしょう。